飼い始めて11年になるオカメインコが白内障にな

Writer: admin Type: 友人関係の悩み Date: 2018-12-15 00:00
飼い始めて11年になるオカメインコが白内障になりました。右目だけがもう見えていないようで、指を近づけても反応がありません。同じ部屋で長いこと飼育しているので、飛び回る時も要領を得ているのか問題ないようなのですが、やはり心配です。オカメインコの寿命を考えると11歳で白内障というのは早すぎるのでしょうか?なにか飼育の中に落ち度があったのではないかと心配しています。飼育歴のある方など、意見を聞かせていただきたいです。よろしくお願いします。共感した0###人間と同じで、個人差、個体差があり、白内障は質問者様の飼育の落ち度ではありません。どうか、ご自分を責めないでください。これ以上の進行を少しでも緩やかになるようにんじんなどに含まれるビタミンAを積極的に摂取したり、ネクトンsなどのマルチビタミン剤を緩やかに摂取されるのがオススメです。ナイス0
###とても参考になりました!ビタミン剤、考えてみます。ありがとうございます!###p58✳✳✳さん、おはようございます。セキセイちゃんなのですが、宅の会にも白内障を発症している老鳥が居ますので、対処法をボチボチと綴らさせて頂きます。✳仕事の合間をぬっての回答となりますので、時間を要しますので、御理解下さい。まずは御確認なのですが…。・獣医師様の見解も白内障でしょうか?・ペレット食ですか?シード食ですか?・野菜類は主に何を与えていましたか?・ネクトン等のサプリは与えていましたか?以上、御返信お願い致します。ここから、少しだけ概略を。先のカテマスさんが、綴られているビタミンAは「視力」に関わるビタミンではありますが…。眼(水晶体)に良いとされているのは「ルテイン」と云うカロテノイドです。✳カロテノイドは他にリコピン等もありますルテインは水晶体に多く存在します。カテマスさんが綴られたニンジンは「βカロチン」と云うカロテノイドを多く含みます。カロテノイドの多くは、一部体内でビタミンAに置換されますがルテインは「全く置換されない」ので、「アントシアニン」とあわせたサプリが「強抵酸化力で眼に良い」と主流になっているのです。つまり、「ルテイン」を摂取させる方べきなのです。また、白内障の予防&進行を食い止めるためには、「ビタミンC」の摂取が有効性とされています。http://me-kaiteki.com/recovery-method/eye-supplement/lutein/eye-tro...水晶体をはじめ、眼球細胞は他の細胞比5→20倍のビタミンCの要求量です。また、お昼休みか夕方の残業前休憩にきますね。ナイス0
###視力を失っても以前の記憶があり 飛ぼうとする意欲に感心します。今後もしも視力がもっと悪化した時の為にケージ内の餌や水の配置は変更されない事をお勧めします。視力は衰えても 耳は聞こえていますから 一杯話しかけてあげて下さい。白内障は11歳でなるのが早いか? やはり個体差だと思います。なる鳥もならない鳥もいるようです。遺伝や栄養面が関連しているので少しでも進行を抑えるにはビタミンが有効です。先日この鳥カテゴリーに白内障がネクトンSで改善されたと書き込まれた方がいらっしゃいましたよ。是非試してみられてはと思います。ナイス0

 

TAG