異常気候がいわゆる地球温暖化のためかどうか

Writer: admin Type: 友人関係の悩み Date: 2019-03-06 00:00
異常気候がいわゆる地球温暖化のためかどうか知りませんが大変に心配です。私たちは安倍さんと電気屋さんを信じていればいいものをでしょうか。日本は壊れませんでしょうか。補足我が家は木造2階建て、貧乏ゆえリバーサイドにありまして地盤は大変悪いです。経験上瞬間風速は35m/sぐらいまではいけそうですが、それ以上は・・・。日々怖いです。共感した0###現政府の基本方針は、「自己責任」どすえ。国土強靭化などと言ってたようざんすが、7年間ほとんどまったく何もやってないざんす。掛け声だけで自治体に丸投げどすな。だが自治体も予算は無いし途方に暮れておる次第。その一方では軍事予算だけは着実に増やし続けておます。科学研究補助や社会福祉などは削り倒してどすな。まあ、それが国土強靭化ってんなら、つまりは言葉面で巧妙にミスリードしてきたってことざんすな。原発安全対策の周辺自治体の住民避難ぢゃ、シェルターとやらを作らせるみたいどすが、そもそも大地震や大津波でもそうどすが大規模避難では交通やらなんやら極めて大変。電気屋は実質不可能な避難計画を作り、指摘されてもすまし顔で災禍堂。自治体長も原発推進議員で占拠された議会の言いなりで合意。国会では、「自称」最高責任者曰く、「住民の皆さんががんばる。」丸投げの自己責任で、死ぬも生きるも勝手にしやがれってことどすな。そういう政府が本気で異常気象を心配するとすれば、「自己利益」の心配ざんすな。原発企業を守ったり、軍事予算を守ったりってんことざんす。国民生活は「あんなひとたちの自己責任」ってこと残照。ナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###→大事なことは、地球物理学を少しづつ勉強する事じゃあないのかしら?不勉強?なのじゃああ、正解(異常気象)を理解するのは難しいものです。木村龍治教授の、『変化する地球環境』左右社刊、を読んでみて下さい!(\1700円)。ナイス0
###豪雨、干ばつなどの異常気象は地球温暖化のせいという主張は間違っています。気象統計上の根拠は全くありません。異常気象は偏西風の蛇行、エルニーニョ、ラニーニャ、北極振動によって起こるというのが専門家の見解です。安倍さんと電気屋さんは異常気象とも温暖化とも無関係です。日本は異常気象ごときで壊れたりしません。1000年ぶりの活発な太陽活動、現代極大期による温暖化は自然現象で、2000年頃に終わりました。太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、なんと0.98です。同じ期間のCO2と気温の相関係数は0.66でした。http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/26721632.html2000年以降は15年以上、衛星観測による世界の平均気温は横ばいのままで、現時点では温暖化していません。高原状のピークと思われます。2015~2017年の高温はエルニーニョとポストエルニーニョによる一時的なもので、温暖化の再開ではありません。2015~2017年は高温だから、温暖化が続いているのは間違いないという温暖化CO2原因説支持者の解釈は間違っています。2018年9月、10月の気温は2000年代の平均的気温に戻っています。イギリス気象庁は「温暖化傾向は1997年に終了した」と発表し、温度予測を大幅に下方修正しました。http://ieei.or.jp/2013/06/expl130607/地球温暖化が止まっている? エコノミスト誌太陽活動の現代極大期は2000年頃に終わり、現在、普通の太陽活動に戻っています。2030年頃に太陽活動が200年ぶりに大きく低下するため、15年遅れで2045年頃には1850年以前のような小氷期に入って1~2度寒冷化する見込みです。2100年の気温は1870年頃と同じ位になります。http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/25674006.html太陽活動による200年周期、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動による65年周期で気温は変動ナイス0

 

TAG