F

Writer: admin Type: 友人関係の悩み Date: 2018-12-14 00:00
F-35Bいづも型護衛艦運用について質問です。該当機 単発エンジンですが、洋上作戦任務時の単発エンジンって不安は無いのでしょうか?もちろん、先の大戦時には、各国、単発の艦載機での運用は当然でしたが、エンジントラブル、攻撃による損傷で母艦までたどり着けず、優秀なパイロットの損失にも繋がりました。米国みたいに人命尊重のためのバックアップ体制がしっかりしていれば良いのですが、自衛隊ではUS-1、2などの救難機は決して多くないと思います。民間機では基本的に双発以上のエンジンが当たり前の考えとなっていますが、軍用ではどうなんでしょうか?共感した0###米海軍はカタパルト発艦仕様のF-35Cを採用していますが単発機であることがことさら問題になったという話は聞きません。また、自衛隊はF-2というF-16ベースの単発機を洋上攻撃任務に充てていますがこちらも単発機であることがことさら問題になったという話は聞きません。信頼性の観点から双発であることが望ましいのは確かでしょうが、絶対に双発でなければならないということはないでしょう。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###F-35Bって消費増税分で買うってのはF-35Aと聞いていたがナイス0
###日本の海上自衛隊は米海軍のような遠征型(機動部隊)ではないので、単発で十分だと思います。もちろん戦闘機を観れば、第四世代F-16Cよりも双発のF15-Cの方が航続距離も長く兵器搭載量が多いので、多様性があるのは確かですが、今は各国とも予算が逼迫しているためマルチロール・ファイターの戦闘機を採用する傾向があります。米海軍でさえ冷戦時代のようにF-14Dが艦隊防衛をして、A-6イントルーダーが対地攻撃をするという役割分担はコスト的に不可能になり、F-18F/ Eスーパーホーネットがマルチロール・ファイターとして任務に当たっています。ナイス0
###不安があるなら、F-35Cも米海軍と、米海兵隊に採用されていないと思うが。シーハリアーやハリアーⅡを軽空母で運用してきたイギリス、イタリア、スペイン、インドで問題があったという話も聞かない。###エンジンの信頼性はあがっているので。問題ないと思います。ですから、艦載機が搭載している艦船は救難用のヘリコプターが常時待機しています。万が一。ちなにみ、航空自衛隊でも、訓練の際は救難がスタンバイしています。日本もバックアップ当然しています。ナイス0
###そのF35の為に一兆円も支払うはめに。ナイス0

 

TAG