最近ビジネス雑誌などに多く寄稿されている高

Writer: admin Type: 友人関係の悩み Date: 2018-12-14 00:00
最近ビジネス雑誌などに多く寄稿されている高橋洋一さんは経済学者としてどの程度優秀な方なのでしょうか?共感した0###そもそも経済学の学術論文を書いたことすらありませんから、経済学者ではありません。財務省から無名私大に天下りしただけの大学教員であり、経済学者ですらないのです。当然、彼の言論は専門性は皆無です。ナイス1
###回答ありがとうございました。「まさか」と思って確認してみましたが、確かにGoogleの論文データベースを検索しても高橋さんの論文は一件も見つかりませんでしたし、確かに学者や研究者の類ではないようですね。「財務省で出世できなかった腹いせに財務省の悪口を書きまくっている自称経済評論家」と言われていましたが、本当みたいです。###ID非公開さんの自作自演っぽいが、回答する。高橋洋一氏は至極真っ当な意見を述べる方。机上の空論を語る財務官僚の百万倍優秀。ナイス0
###優秀どころか低能です。・風呂屋で他のお客の腕時計を盗もうとして捕まる・他人の論文からパクって本を書き、ネタ元の論文を書いた人から抗議が来たら、当人は回答せず、出版社の方から本人自体が知らないんで、資料は出版社が用意したとバレる。・費用収益の一致というような、簿記の基礎中の基礎のことも理解していない。・自分は元大蔵官僚とか言ってるが、実はタダの職員。つまり平官僚。財務は知らないので、理財局にいただけ。これまた単なる天下り。内閣府参事官もそのポスト。ちなみに課長級。過去の黒歴史で、至る所のサイトから、彼のプロフィールは消されてますな。(笑)・バーナンキが「準備預金を大量供給することには、マネーストックを増やす効果はない。そもそもベースマネーは銀行の貸出の原資にはならない」と繰り返し書いているのに、バーナンキの弟子を自負し、「日銀は超過準備に金利なんかつけているから、日銀当預にブタ済みされ、貸出に回さない」など、そもそも日銀準備金は、「市中銀行の運用資金」っつー常識中の常識すら知らない。当座預金とか知らないんでしょうな。・根拠となるデータや論文を示したことが一度もない。・黒田体制が異次元の金融緩和に踏み切った時には、「これですぐにインフレになる」などといっていましたが、そうならない様子を察すると「ベースマネーがブタ済みされたので民間にはインフレ予想が生じているが、インフレ予想が生じてからマネーストックが、実際に増加し始めるまでには2年ほどかかる。なぜなら、企業は最初は手持ち資金で投資をするので、マネーストックが増えはじめるまで、2年程度かかるのだ」という珍説を披露。(笑)金融緩和とは、お札を刷るのではなく、市中銀行に国債を与えることだという、金融界の常識中の常識すら知らない。インフレとは、物の付加価値が高騰することであり、お札を大量に刷ることではない。と、まぁ奴の話はどれも「財務を知らないバカ」というのが、一般的な認知ですな。上念司、三橋貴明と並ぶ、数字が読めない3トリオの一人です。「国債を日銀が買っている」っつー財政法第5条を知らない、債券を知らないマヌケですね。こいつら3名も含めて、知らないことでも曖昧なことでも、なんでも「言い切ってしまえば、後のことはどうでもいい」という発想の持ち主は、自称経済学者に多い。会計についてちょっとでも判っていればつまり、仕訳ができればわかることですが、政府は国債を日銀を通じて市中銀行はそれに投資し、その利息で日銀貸付金利を支払って相殺しているのであり、その日銀からの資金を準備金を担保に借りて、それを民間に貸し出して利ざやを儲けているんですけどね。簿記知ってれば誰でも理解できる話です。お札を刷って人に貸すとか、んな馬鹿なことをやってる国家は世界中に皆無ですよ。デタラメばかりを公然と自慢げに語るのが、高橋洋一です。ナイス0

 

TAG