下記URLにある建設業経理士2級の予定配賦

Writer: admin Type: 友人関係の悩み Date: 2019-03-07 00:00
下記URLにある建設業経理士2級の予定配賦の問題なのですが、https://archives.mag2.com/0001348450/20130204090000000.html次の資料に基づき各問題に答えなさい。 当期における予定消費額及び予定時間 1.工事間接費予算額 6,960,000 2.工事直接費予定消費額 材料費 11,600,000 労務費 17,400,000 外注費 10,800,000 経 費 6,600,000 3.予定直接作業時間 12,000時間 4.予定機械運転時間 17,400時間 当期における実際発生額及び実際時間 1.工事間接費実際発生額 材料費 1,020,000 労務費 1,795,000 外注費 840,000 経 費 545,000 3.実際直接作業時間 980時間 4.実際機械運転時間 1,560時間 (注)配賦差異の計算に関しては、借方差異(不利差異)の場合には「借方」を、 貸方差異(有利差異)の場合には「貸方」を記入すること。 【問題】 直接材料費基準を採用した場合の、当期における予定配賦率と当月の予定配賦額 及び配賦差異を計算しなさい。【解答・解説】 60% , 612,000 , 11,000(借方) 予定配賦=工事間接費予算額6,960,000 / 直接材料費予定消費額11,600,000 ×100 = 60% 予定配賦額=配賦率60% ×直接材料費実際発生額1,020,000=612,000 配賦差異=予定配賦額612,000 - 実際発生額623,000 = △11,000不利差異となっていますが、実際発生額」の623,000円をどう計算するのかがわかりません。経理士検定の問題だとこの部分は問題文にいつも明記されており、実際いくらかかったかこの問題文に与えられた数字で算出できるのでしょうか。共感した0###単に、実際発生額を書き忘れただけかと。>1.工事間接費実際発生額工事直接費実際発生額の間違いですね。ナイス0
###有難うございます。1の間違いも考えると、2が抜けているからそこに入る予定だったのかもですね。

 

TAG