チェスの「50手ルール」について教えて下さい。

Writer: admin Type: 友人関係の悩み Date: 2018-12-13 00:00
チェスの「50手ルール」について教えて下さい。チェスでは、先手・後手の着手のセットを「1手」とカウントすると思います。将棋では、先手の着手または後手の着手それぞれを「1手」とカウントすると思います。つまり、先手が駒を1個動かし、後手が駒を1個動かした場合、チェスだとセットで「1手」、将棋だと合計して「2手」になると思います。「50手ルール」では、50手以上、膠着状態(両者とも、ポーンが動かず、駒も取り合わない状況)が続くと、引き分けにできるとあります。この時の「50手」は、先手・後手のセットで50ターン分(先手だけで50ムーブ、合計で100ムーブ)でしょうか?、それとも、先手の着手と後手の着手を合計しての50ムーブ(先手だけだと25ムーブ)でしょうか?補足チェスのmoveは、先手と後手の手番のセットで1手でした。50手ルール(50-move rule)は、先手50ターン(50 ply)+後手50ターン(50 ply)=通算100手(100 ply)ということで良いのでしょうか?つまり、自分の手番が50回以上来たら、引き分けにできると?共感した0###その通りだと思います。僕も、50手ルールで引き分けになったことないので。でも、中国の将棋の「象棋(シャンチー)」はチェスのルールを取り入れていて.50手ルールにあたる「100手ルール」があるんです。これは、日本の将棋と同じカウントのし方だから、100手ルールとなったんだと思います。ナイス0
###やっぱり、50-move rule=100手ルールなんですね!ありがとうございました。###なお、チェスにおける「手=move」とは先後双方が着手した組み合わせを1つとして数えるため、将棋や囲碁の数え方では100手となる。片方だけの着手を示す単語は「ply」である。・・・て書いてありました。ナイス0

 

TAG